お墓を維持するお金って結構かかる!!

お墓の維持にかかる費用にはどんなものがあるの?

先祖を供養する大切なお墓ですが、お墓の維持ができず墓じまいを行う人が増えてきています。その背景には、後にお墓の手入れを行う後継者の不足やさまざまな維持費を払えないという問題があるようです。
年間にかかるお墓の維持費はおよそ2万円から8万円程といわれています。公営の墓地では4000円程、民営の墓地では5000円程、寺院等の墓地では2万円程と運営されている場所によって多少金額に差がありますが、こういった管理費やお墓の掃除費用などが出費の大部分を占めています。またお寺などにお墓がある場合、丁寧に供養してもらえますが法事のお礼としてお布施をしたり、檀家になると寄付を求められることがあり公営や民営のお墓に比べると出費が増えます。

先祖を大切に思うからこその墓じまい

墓じまいとは、お墓を更地に戻し墓地の管理者へお墓のあった土地を返すことを指します。埋められていた遺骨は永代供養をしたり、散骨をしたりと後の手入れが簡単に行えてお金がかからない方法で供養されることが多いようです。
墓じまいを行うには、親族間トラブルを起こさないようにしっかり話し合いを行い墓じまいをしても良いという同意を得なければいけません。またお墓の管理者への通達も忘れないようにしましょう。その後お墓の解体を行う石材店を決めたり、お墓の魂抜きを行ったりします。
墓じまいをする理由は人それぞれですが、供養してくれる親族がいなくなってしまったお墓は放置され続けてしまいます。そうならない為にもしっかり墓じまいを行い先祖を改めて供養することが大切です。

© Copyright Using The Grave. All Rights Reserved.