合祀や合葬ってどんな仕組みなの?

ひとまとめにして埋葬する

合祀や合葬はどちらも、「他の方の遺骨と一緒に埋葬する」という形をとります。色々な人の遺骨をまとめて埋葬し、それが長い年月をかけて土に還っていきます。この方法を選択する人の中には、お墓を継ぐ家族がいないという問題を抱えている方がいます。
お墓を管理するためには、費用や管理する家族が必要です。しかし代々お墓を管理するの中で、管理をする家族がいなくなりお墓がそのまま放置されているというケースも少なくありません。お墓を放置したままだと、掃除をする方もいないのでお墓の周りが荒れてしまうという問題も起こってきます。
これらの問題を解決してくれるのが合祀や合葬です。これらを利用すれば合祀墓や合葬墓を管理する方がいるので安心できます。

合祀や合葬で気を付けたいポイント

合祀や合葬は他の方の遺骨と一緒に埋葬するため、一度埋葬すると基本的に遺骨は取り出せません。通常のお墓や納骨堂であれば遺骨の移動は可能ですが、これらはもう一度やり直すということはできません。よって家族や親族と前もって相談をして、それを報告するというのが重要です。
一度合祀や合葬をやってから後で親族に報告すると、「やっぱり先祖代々のお墓に入れるべきだ」という意見が出てくるかもしれません。こうなってしまった後ではやり直しがきかないため、親族間でトラブルに発展してしまうかもしれません。このようなトラブルを避けるためにも、親族間で意見の共有をしておくことをおススメします。また本人の意思を生前に確認しておくとより良いでしょう。

© Copyright Using The Grave. All Rights Reserved.