お墓が遠くてお墓参りが大変!!

遠くに離れている自分しかお墓を管理する者がいないという問題

墓じまいは、今までのお墓を撤去して遺骨を別の場所にに移すことを指しますが、最近はこの墓じまいをする方が増えていると言われています。その理由として多いのが、お墓が遠いため墓参りや管理が大変になってしまったからというものです。地方から都市部へ移り住む人は現在でも多く、自分の出身地である地方に先祖代々のお墓を持っている方が多くいます。出身地の地元にお墓を管理してくれる兄弟や親戚などがいればいいのですが、遠くに住んでいる自分しか管理する者がいないというケースも少なくないでしょう。ですので、自分で十分な管理が出来ないのであれば、いっそ墓じまいをした方がいいという考えになるわけです。また墓じまいは、近くに墓はあるが後継者がいないというケースでもよく行われています。

墓じまいの改葬先をどうするか

墓じまいをする際は、お墓を撤去した後にどこへ遺骨を移すかということも問題になりますが、一般的には改葬先に永代供養墓が選ばれるケースが多いと言えるでしょう。永代供養墓は、永代に渡ってお墓や霊園が供養を行ってくれるお墓のことであり、お墓の後継者がいない場合などによく選ばれています。一般のお墓で供養する方がいなくなると無縁墓という扱いになってしまいますが、永代供養墓であれば最終的に合葬が行われるため、無縁墓にならずに済むというわけです。そして永代供養墓以外としては、散骨という方法が選ばれる場合もあります。散骨は、パウダー状にした遺骨を海などに撒くという自然葬の一種であり、お墓を持つ必要がないため改葬先を探す必要もないと言えるでしょう。

© Copyright Using The Grave. All Rights Reserved.