管理する人がいないときはどうする?

墓じまいが増えています。

お墓を片付けて、お墓のあった敷地を、寺院や墓地管理者に返還することを「墓じまい」と言います。今は墓じまいを考え、そして実際にお墓を返還する方が増えています。ライフワークが変化し、少子化、核家族化、高齢化が進む現代では、お墓参りをする人も、お墓を管理する人もいなくなり、しかたなく墓じまいをする事があります。しかし、墓じまいの一番の問題は、お墓に入っていた遺骨をどうするかです。墓じまい以降、遺骨を供養・管理できる人がいない場合はどうしたら良いのでしょうか?公営の墓地には、多くの場合、無縁仏などを一緒に祀る合祀墓がありますので、合祀墓へ改葬したり、菩提寺の納骨堂などで永代供養をお願いするなどの方法があります。

墓じまいの手続きは?

お墓から遺骨を取り出し、別の場所へ埋葬・祭祀しなおすには、手続きが必要です。まず、現在、墓地のある寺院や霊園の管理者から、埋葬(納骨)証明書をもらいます。次に、受け入れ先となる寺院や霊園の管理者から受入証明書(永代供養許可証)をもらいます。以上、二通の書類を持って、墓地のある市区町村役場の墓地担当係で「改葬許可申請書」を書き、すべての書類を提出すると、「改葬許可証」が発行されますので、お骨と改葬許可証を持って、受け入れ先となるお寺や霊園に合祀・埋葬をお願いする事になります。菩提寺での永代供養をお願いする場合は、最初、一回だけ費用が発生しますが、それ以降、費用はかからず、将来にわたり供養が続きます。遺骨の移転が終わったら、墓地の管理者に墓じまいを告げ、専用書類に記載し、石材店を頼んで、墓地を整地する様になります。当然、墓じまいを決めたら、親族の合意を得る事も重要です。

© Copyright Using The Grave. All Rights Reserved.