後継ぎがいない時誰が管理するの?

お墓に後継ぎがいないまま放置してしまうと…

日本では昔から、お墓は先祖代々受け継がれるものでした。しかし最近では、少子化・核家族化が進んでいることや、子ども・孫が遠く離れて生活している場合も多く、お墓を受け継ぐ人がいなくなることも少なくありません。そのような事情があるにせよ、お墓の後継ぎがいないまま放置してしまうとどうなるのでしょう?霊園や墓地の決まりにもよりますが、一定期間を過ぎれば「無縁仏」とみなされて墓石は撤去、遺骨は管理者によって合祀されてしまいます。つまり、後継ぎがいなくなり管理料が支払われなくなったお墓に対して、現状のまま管理をしてくれる人は誰もいないのです。このことを知らずに無縁仏にしてしまうと、二度とお墓にお参りすることはできませんし、親族の遺骨を粗末に扱ってしまったのではないかという後悔や罪悪感が生じることもあります。

無縁仏になる前に、お墓を管理する方法を検討しよう

先祖代々続く大切なお墓が無縁仏になるという寂しい事態に陥る前に、お墓を管理する方法を検討しましょう。お墓を現状に留め、生前深い親交があった方など、親族以外に管理を依頼する方法もあります。しかし、このような依頼はあまり現実的ではありません。それならばどうするか?「墓じまい」という供養の方法を考えてみませんか?墓石はきちんとした手続きで撤去し、遺骨だけを納骨堂などで永代供養してもらう方法です。お墓を訪れることはできなくなりますが、遺骨を自分の住む場所の近くの納骨堂や永代供養墓に移すことで、これまでよりもお参りしやすくなります。また、法要も行ってくれるため、ご先祖様に寂しい思いをさせずにすむかもしれませんね。それぞれの施設で様々なプランが用意されていますので、自分の希望に沿った供養の方法を選ぶこともできます。

© Copyright Using The Grave. All Rights Reserved.